データ復旧事例

  • フリーダイヤル0120-110-419

年中無休 土日祝日も通常営業 朝8時〜夜24時まで営業(年末年始除く)

  • お問合わせ
  • お申込方法

その他NAS

IODATA(アイ・オー・データ)製LANDISKなど、その他NASのデータ復旧・復元事例をご紹介。

  • 全ての事例を開く
  • 全ての事例を閉じる

LANDISK復旧 その1

媒体
IODATA(アイ・オー・データ) LANDISK HDL-GT1.0
障害内容
停電でRAID構成情報の破壊が発生した為、再構築を実施したところ、データが全て消失。
結果
初期化状態になっていましたが、残存ファイル構造を再構築し、構造を補正した結果、1,958,180ファイル(680,160MB)のデータが復旧可能。

LANDISK復旧 その2

媒体
IODATA(アイ・オー・データ) LANDISK HDL-GT1.0
障害内容
電源の入った状態でLANDISKのカートリッジの抜き差しを実施した所、ブルーのランプが点滅。再びカートリッジを抜いて電源を切り、カートリッジを取り付け電源を入れると、ブルーのランプ点滅後、全てのランプが赤く点灯し起動しない状態。
結果
システムファイルが破損していましたが、RAID1+0の再構築等を行い、最終的に100%(295,842ファイル/425,913MB)のデータが復旧可能。

LANDISK復旧 その3

媒体
IODATA製LANDISK HDL-Z4WS4.0 4TB
障害内容
本体を起動するとSATA Port0のハードディスクにてS.M.A.R.T.Capable and Status BADのメッセージが表示され、F1 Key Resume にて起動続行しようとしてもディスク読み取りエラーの旨のメッセージが表示されてそこで動作が止まってしまいます。
結果
初期調査の結果、リードエラーなどの物理障害が発生していましたが、ディスクイメージの取得に成功し、RAIDの再構築等の修復処置を施す事で、約1,642,000ファイル(約2.08TB)のデータが復旧可能と判断されました。

LANDISK復旧 その4

媒体
IODATA製LANDISK Tera HDL-GTR1.0
障害内容
データコピー中電源断となった。電源再投入不可。同一ハードへのディスク入れ替えで復旧する可能性ありとのメーカ回答。ハードディスク入れ替えを行うが復旧せず全ランプが赤。管理画面にて「RAID構成が崩壊しています」と表示され復旧せず。
結果
4台のHDDから取得したディスクイメージを解析した結果、#0の内容が一致しない為、先に停止していた模様。#0を含めRaid5を再構築した結果、フォルダ構造の損傷により、フォルダ名が仮名称となりましたが、213,140ファイル(70,931MB)のデータが復旧可能。

LANDISK復旧 その5

媒体
IODATA製LANDISK Tera HDL-GT1.0
障害内容
通常使用中、突然つかえなくなり、再起動した所、起動しない。DISKアクセス、ステータスランプともに赤く点灯。
結果
ドライブ故障(アライメントのズレ)の為、動作不能の状態ですが、物理的処置を施す事で、4台のハードディスクから100%のディスクイメージの取得に成功。取得したイメージデータを解析した結果、上書きによりファイル構造情報が消失していますが、RAIDを再構築し構造情報の損傷を補正した結果、17,244ファイル(14,409MB)のデータが復旧可能。

LANDISK復旧 その6

媒体
IODATA製LANDISK Tera HDL-GT1.0 RAID1+0
障害内容
NASにアクセスできない。起動時にACCESSランプがすべて赤く点灯し、「ピーピーピー」と鳴り続けている。
結果
ハードディスク4台の内、ヘッドクラッシュが発生した1台は、物理的処置を施しても修復できない状態ですが、残りの3台のハードディスクより、ディスクイメージの取得に成功。取得したイメージデータを解析及びRAID1+0の再構築行なった結果、構造情報の損傷に対し、補正等の修復処置を施す事で、最終的に746,964ファイル(445,356MB)のデータが復旧可能。

LANDISK復旧 その7

媒体
IODATA製LANDISK HDL-CE2.0S
障害内容
異音がして起動しない。全面の青(黄)ランプは点灯、点滅している。USBポートでPCに接続した後、ファンも動かなくなった。
結果
ヘッド系の障害およびリードエラーにより正常動作しない状態ですが、物理的処置を施す事で、ディスクイメージ取得に成功。構造情報の修復を行い、ファイル数比で99%(693,101ファイル/約436GB)のデータが復旧可能。

LANDISK復旧 その8

媒体
IODATA製LANDISK HDL-XR8.0
障害内容
4台全てのHDDのランプが赤で点灯し、認識出来なくなった。
結果
読み出しエラーが発生している状態でしたが、ディスクイメージの取得に成功しました。RAID6の再構築等を実施することで、約20万ファイル(約1.67TB)のデータが復旧可能。

アクセスできないNASのデータ復旧

媒体
Logitec(ロジテック) LHD-NAS160
障害内容
停電によりLANディスクが異常終了してしまった。クロスケーブルで接続するも認識できず、市販の復元ソフトでは一部のデータしか復元出来なかった。
結果
ディスクイメージを取得し解析(BSD)した結果、システム部の破損がありましたが、修復処置を施す事で、最終的に9,820ファイル(6,404MB)のデータが復旧可能。

データが消えたLAN対応HDDからのデータ復元

媒体
Logitec(ロジテック) NAS LHD-LAN300E
障害内容
前日まで何の問題もなく使っていたが、取り出そうと繋いでみたらファイル数がゼロで全て消えてしまった。
結果
現構造から検索を行いましたが異常がなく、削除構造に残骸も見当たらない状態。その為、ファイルのヘッダー情報を元にした切出しによる復旧しか行えませんでしたが、最終的に75,511ファイル(71,058MB)がデータ復旧可能。ファイルが仮名称で、6割程度しか開けず、破損データも含まれる結果。

RAID5構成のNASデータ復旧

媒体
Princeton(プリンストンテクノロジー) NAS4020
障害内容
ファイルサーバーとして利用していたが、データが読めなくなった為、メーカーに修理に出した所、物理エラーで交換と言われた為、修理せずに返却してもらった。
結果
リードエラーが発生していましたが、他の3台から1台を再生し、RAID5を再構築し、修復処置を施すことで、最終的に363,516ファイル(290,356MB)がデータ復旧可能。

Windows Storage ServerがインストールされたNAS(RAID5)からの復旧

媒体
IODATA(アイ・オー・データ)製 HDL-Z4WS4.0
障害内容
本体を起動するとSATA Port0のハードディスクにて「S.M.A.R.T.Capable and Status BAD」のメッセージが表示され、「F1 Key Resume」にて起動続行しようとしてもディスク読み取りエラーの旨のメッセージが表示されてそこで動作が止まってしまいます。
結果
HDDに読み出しエラーによる障害が発生しておりましたが、処置を施すことでHDDからの読み出しに成功いたしました。読み出したイメージからRAID5の再構築および修復を行い、Windows Storage ServerのOS領域とデータ領域の2パーティションを確認できました。データ領域の構造情報の修復を行うことで、1,642,542ファイル(約2TB)のデータが復旧可能と判断されました。
送料無料

【15周年記念】
キャンペーン実施中

年中無休 土日祝日も通常営業 朝8時〜夜24時まで営業(年末年始除く)

▲ページの先頭へ