データレスキューセンターの特徴

  • フリーダイヤル0120-110-419

年中無休 土日祝日も通常営業 朝8時〜夜24時まで営業(年末年始除く)

  • お問合わせ
  • お申込方法

データレスキューセンターでは「復旧できそうか?」といった簡易調査ではなくお見積書とともに「データ復旧可能なリスト」まで提出させていただく精密調査を実施しています。土日祝日も朝8時から夜24時まで年中無休(年末年始除く)で作業を行っていますので、媒体到着後、48時間(最短6時間)以内に初期調査結果をご報告いたします。

データレスキューセンター 選ばれる理由

理由1 復旧可能なデータリストを必ずご提供

論理障害の場合はもちろん、ハードディスクのヘッド・ディスク面の損傷、SDカードやUSBメモリの基盤・コントローラの障害など、メディアが電気的・機械的に故障している物理障害の場合でも、必ず調査後に「お見積書」と「復旧可能なデータリスト」を提出しますので、「復旧可能なデータの一覧と費用」をご確認いただいた上で、復旧作業を行うかどうかご判断いただけます。

例えば、データ復旧可能なリストを 確認できない 会社に依頼すると・・・「復旧できた場合は○○万になりますので、払ってもらうことになりますがいいですか?」と判断を迫られ「どのデータが復旧できるかも分からないのに、支払いの約束までしないといけない・・・このまま依頼して大丈夫だろうか?」

事前に確認できる データレスキューセンターでは・・・障害状況に関わらず精密調査を実施。見積書とデータ復旧可能なリストを提示。復旧するかお客様が判断※キャンセルもできる。リストが確認できて安心!

理由2 初期調査無料(キャンセル可能&成功報酬)

初期調査は無料で行っており、パソコンやサーバー本体をご郵送頂いた場合でもハードディスク(HDD)の取り外しは無料です。
また、データレスキューセンターでは、レベル1(軽度の論理障害)〜レベル4(重度の物理障害)の全障害において、「復旧可能なデータの一覧と費用」をご確認いただいた上で、データ復旧作業を行うかどうかご判断いただけますので、復旧可能な場合でもキャンセル可能です。
なお、弊社データ復旧サービスは成功報酬となっておりますので、万が一復旧できない場合に復旧費用が発生する事はございません。

※郵送代金はお客様のご負担とさせていただいております。
※HDDの重度の物理障害(レベル4)に限り、お客様から内部パーツ交換等の物理的処置を含む重度障害調査のご依頼をいただいた結果、100%復旧可能にも関わらず、お客様のご都合により復旧作業をキャンセルされる場合は9,800円(税抜き)をご負担いただきますのでご了承下さい。

理由3 48時間以内に結果報告(最短6時間以内)

初期調査結果は、媒体到着後48時間以内にご報告させて頂きます。
●スーパーエクスプレス
媒体到着後6時間以内に初期調査結果をご報告
●エクスプレス12
媒体到着後12時間以内に初期調査結果をご報告
●エクスプレス24
媒体到着後24時間以内に初期調査結果をご報告
●エクスプレス36
媒体到着後36時間以内に初期調査結果をご報告
●通常サービス
媒体到着後48時間以内に初期調査結果をご報告

※レベル4(重度の物理障害)はエクスプレスサービスの適用外となります。

理由4 年中無休(朝8時〜夜24時まで)

データレスキューセンターは年中無休(朝8時〜夜24時まで/年末年始除く)でデータ復旧サービスの受付・作業を行っておりますので、土日祝日問わず、48時間以内(スーパーエクスプレスは6時間以内)に初期調査結果を報告いたします。
電話・メール・FAXでのお問合せも、自社スタッフが受付(朝8時〜夜24時迄)しておりますので、お気軽にご相談ください。

写真: 自社スタッフ

理由5 高いデータ復元率と万全のセキュリティ

リードエラーやヘッドクラッシュ等のドライブ故障の状態でも、物理的処置を施した後、ディスクイメージを取得し、独自ツールによるイメージデータの解析・修復を行う事で高い復旧率を誇っています。
また、弊社は、プライバシーマークおよび情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO27001」の認証を取得しています。これら2つの認証により、情報セキュリティにおいて適切な管理体制が確立されていることが、第三者機関によって証明されています。
データ復旧サービスの調査・作業につきましては、静脈認証、セキュリティカードによる入退室管理だけでなく、監視カメラ、権限によるシステム利用制限、アクセスログ監視等、様々なセキュリティ対策を施しており、データは厳重に監視されたサーバにて管理しておりますので、セキュリティも万全です。また、セコム福岡支社様が同ビルの2Fに入居され、ビル全体の監視も行われています。

写真: 入り口の静脈認証

理由6 業界トップクラスのシェアと実績

高い技術と低価格で、業界トップクラスの「シェア」と「実績」を誇るデータレスキューセンターでは、日本全国数多くのお客様から高い評価をいただいています。
また、パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社様との契約により、PanasonicPC公式直販サイト「パナソニック ストア」で購入されたLet's note(レッツノート)のデータ復旧をご希望されるお客様に、データ復旧特別サービスを提供しています。

理由7 論理障害、軽度の物理障害は格安固定料金

電気的・機械的に損傷していない論理障害の場合、SDカードやUSBメモリ等の各種メモリーカードは軽度の論理障害(レベル1):8,800円~18,800円(税抜き)、重度の論理障害(レベル2):19,800円~39,800円(税抜き)、ハードディスクは軽度の論理障害(レベル1):19,800円~29,800円(税抜き)の格安固定料金でデータを復旧します。
またリードエラーなどの物理障害の場合、SDカードやUSBメモリ等は軽度の物理障害(レベル3):29,800円~49,800円(税抜き)、ハードディスクは軽度の物理障害(レベル3):74,800円(税抜き)と、物理障害の場合でも格安料金でデータ復旧を提供しています。

理由8 重度の物理障害にも低価格で対応

ハードディスク自体が正常動作しなかったり、異音がする物理障害の場合は、電気的、機械的に故障しています。その代表的な損傷の一つにヘッドクラッシュがあります。通常、ハードディスクはプラッターと呼ばれる高速(3.5インチHDDで通常7,200rpm)で回転する円盤(ディスク)上を、ヘッドが移動しながらデータの書き込み/読み込みを行っています。何らかの理由でヘッドがプラッターに接触することをヘッドクラッシュといい、ヘッドクラッシュを起こしたプラッターの部分はデータが読めなくなりますが、そのような重度の物理障害にも完全対応しています。
また、USBメモリやSDカードなどのフラッシュメモリーは大きく分けて、基盤、コントローラー、メモリーチップの3つで構成されています。通常、メモリーチップに書き込まれた情報をコントローラーが整理してデータの読み書きを行っていますが、電気的な障害が原因でコントローラーが損傷したり、基盤が破損した場合などは、USBメモリやSDカードを正常に認識できなくなります。そのような物理障害の場合には、メモリーチップを基盤から取り外した上で直接読み出しを行い、コントローラー情報にあわせて、データ再構築することでデータの復旧が可能です。
弊社では様々な記録メディアの重度の物理障害にも低価格で対応しています。

写真: ハードディスク、メモリーチップ

送料無料

【15周年記念】
キャンペーン実施中

年中無休 土日祝日も通常営業 朝8時〜夜24時まで営業(年末年始除く)

▲ページの先頭へ