上書きによるデータ消失について

いまさら聞けないパソコン基礎知識

データ復旧:トップデータ復旧:トップ > いまさら聞けないパソコン基礎知識 > 上書きによるデータ消失について

上書きによるデータ消失について

上書きによるデータ消失について

人為的なデータ消失の最たる例であるデータの上書き。今まではデータの取り込み漏れなどの典型的なパターンが多かったですが、最近新たな傾向がみられるようになりました。まずは、今までよく見られた主なケースをご紹介します。

データの取り込み漏れ

PCから取り外されるSDカードのイメージ図デジカメで撮影したデータをパソコンに取り込み、結果をよく確認せずにメモリカードをフォーマットして次の撮影に使用してしまっていた。後から一部に取り込み漏れが判明したというようなケース。

対策

取り込みが終わった時点でカード内と取り込んだデータのファイル数・容量が一致することを確認すること、またデータの転送は移動ではなくコピーを使うことです。不意のトラブルで移動中に転送が止まって転送先のファイルが消失したとしても、また最初からやり直しがききます。

データの入った媒体を接続したままパソコンをリカバリ

パソコンに取り付けられた外付けハードディスクのイメージ図パソコン内のHDDの容量が足りないなどの理由で外付けHDDを増設するケースは多いかと思います。動作が遅いなどの理由でパソコン自体が不調となった場合にパソコンをリカバリする際に、誤って外付けHDD側に新たなOSを書き込んでしまったケースもあります。

対策

リカバリなど大きな変更・修復をする際には外付けHDDなどはパソコンから物理的に取り外して、できるだけパソコン単体になるようなシンプルな状態でリカバリを行うとよいでしょう。

●パソコンを初期状態に戻す方法
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol11.html

そのほかのケース

データが消失してしまい、焦っている男性最近よくお問い合わせをいただくケースも幾つか紹介します。すでにデータが存在する媒体に新たにデータを追加したつもりが、意図せずに全く別のデータに書き換わってしまったという例です。

  • case01:パソコン用の外付けHDDにTV番組を録画してしまった。
  • case02:データの入ったUSBメモリをWindows10のインストールメディアにしてしまった。
  • case03:データの入った外付けHDDにパソコンのバックアップデータを保存してしまった。

これらで共通して言えることは、TV録画データやWindows10のインストールメディア、PCのバックアップデータなどの特殊なデータを使用中の外付けHDDやUSBメモリに保存しようとすると、元々入っていたデータが消されてしまうということです。

case01の場合

外付けハードディスクのイメージ図case01では、パソコンで使用されるファイルシステムと、TV録画用のファイルシステムが全く異なるので、そもそもデータの共存自体が不可能となります。
最近の外付けHDDのパッケージ等に記載されている「PC・TVともに対応している」という記載は「PCとTVのデータを同時に保存できる」という意味ではなく、どちらか片方で使うことを想定したものであり、PCとTVの録画データが共存できるという意味ではありません。

case02の場合

USBのイメージ図case02でも、Microsoftのダウンロードサイトに「8GB 以上の空き領域がある空のUSBフラッシュドライブか、空のDVD(およびDVD書き込み用ドライブ) を用意してください。ディスク上のコンテンツはすべて削除されるため、空のUSBまたはDVDを使うことをお勧めします」との明記があります。

●Windows用のインストールメディアを作成する
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/15088/windows-10-create-installation-media

case03の場合

MacのTimeMachine機能のイメージ図case03では例えばMacのTimeMachine機能があります。OSとユーザデータのどちらも定期的にバックアップを取得し、任意の日付までさかのぼってデータを取り出せる、本当にタイムマシーンのような機能です。

●Time MachineでMacをバックアップする
https://support.apple.com/ja-jp/HT201250

Windowsでも同様に“回復ドライブ”という機能があり、外付けHDDやUSBメモリ等の外部メディアに、PC本体のトラブルを診断するファイルと、リカバリ領域内のイメージデータを保存します。

●回復ドライブを作成する
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4026852/windows-create-a-recovery-drive

これらの機能は、先の2の例と同じく、すでにメディア内に保存されていたデータをすべて消去したうえで、PCのバックアップデータが保存されるので注意が必要です。

対策

データ保存用と、TV録画用やバックアップメディア等の特別な用途に使うメディアは完全に別物を用意することをお勧めします。
また外付けHDDやUSBメモリに不具合が発生し、それを修復しようとして誤って回復ドライブなどに書き換えてしまったという問合わせも多くあります。回復ドライブはWindowsを回復するためのもので、壊れたUSBメモリなどのメディアを回復させるためのものではないのでご注意ください。

●データバックアップ入門 > 自動バックアップ方法
https://www.rescue-center.jp/primer/backup.html

※不具合が発生した際に、あれこれ触って余計に壊してしまうケースがよくあります。検証は最低限に済ませ悪化させてしまう前にご相談ください。

●USBメモリが認識しない原因と解決方法
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol55.html

●外付けHDDが認識しない原因と対処方法
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol56.html


意図せずデータの上書きになってしまった場合でも、上書きの度合いが少なければデータを復旧できる可能性は十分見込めます。あきらめてしまう前に、データレスキューセンターにご相談ください。

●データ復旧事例 > ハードディスク(HDD)
https://www.rescue-center.jp/case/hdd.html

●データ復旧事例 > USBメモリ
https://www.rescue-center.jp/case/usb.html

●データ消失を回避する方法
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol33.html

●システムの復元とバックアップの違い
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol51.html

  • 電話でのご相談 フリーダイヤル(通話無料)0120-110-419 年中無休 平日・祝日は朝8時〜夜21時、土曜・日曜は朝9時〜夜19時
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • データ復旧コラム お役立ち情報をスタッフがお届け
  • 株式会社アラジン データレスキューセンター(福岡本社)はプライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンター(福岡本社)はISO27001認証企業
  • SSL GlobalSign Site Seal