初めてのお客さまへ|全国からデータ復旧のご依頼をいただく理由

初めてのお客さまへ

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ > 初めてのお客さまへ

データレスキューセンターは
データ復旧・復元サービス
提供しています。

パソコンが壊れて修理に出した際にHDDが交換されると、データはすべて失われてしまいます。また、SDカードやUSBメモリなどの記録メディアに障害が発生してデータを読み出しできなくなった場合の修理でも基本的に新品と交換されます。

データレスキューセンターでは「起動しないPC」「認識しないSDカードやUSBメモリ」「故障した外付けHDD」等、トラブルが発生した記録メディアを元通り使えるようにする修理ではなく、データを取り出す『データ復旧、復元サービス』を提供しています。

障害の発生した記録メディアをお預かりして、弊社独自の技術と設備にて調査、解析を行い、保存されたデータを取り出して、別のメディアにデータをコピーしてお客様にお渡しいたします。障害の状況によっては、自社内でデータ保存メディアの開封や分解の処置なども行っております。

データ復旧・復元サービスと修理の違い

物理障害 倫理障害

代表的な障害について

データ復旧が必要となる障害には大きく分けて、論理障害と物理障害があります。論理障害は、保存されている情報が破損し正常に読み出しができない状態の障害で、誤削除やウィルス感染も論理障害となります。
物理障害は、記録メディアの部品が電気・機械的に故障し、メディアへのアクセスが正常にできない障害です。

復旧可能なデータリストをご確認

復旧作業について

物理障害の場合はイメージデータの取得を行うために部品の交換や調整の処置を施し、論理障害の場合は物理的処置を施さずにイメージデータを取得します。
取得したイメージデータを解析し、障害の状況によって構造情報の修復やデータ情報の修正を行い、復旧可能なデータの確認いたします。復旧可能と判断されたデータはサンプリングで展開が可能か検証し、データリストをお客様にご案内いたします。
データリストでご希望のデータの有無をご確認いただき、復旧の指示をいただいてから最終的な復旧作業を行い、お渡しのための移行先メディアにデータを移してお客様にお送りします。
調査後にデータリストに掲載されたデータに関しましては、実際に復旧作業を行ったらデータのお渡しができないということはございませんのでご安心ください。

対応メディア

対応メディア

Windows、Macをはじめとする幅広いOSと記録媒体(内蔵HDD、外付けHDD、RAID、LinkStation、TeraStation、NAS、SSD、SDカード、USBメモリ、ビデオカメラ等)のデータ復旧、復元に対応しています。

データ復旧事例

HDD、RAID、LinkStation、TeraStation、NAS、SDカード、USBメモリ、CD/DVD/MO、ビデオカメラ等のデータ復旧事例をご紹介します。

データレスキューセンターがお客さまから選ばれるのは理由があります。

選ばれる理由

データレスキューセンターでは、「データ復旧できる可能性があるか?」程度の簡易調査ではなく、「お見積書」とともに「復旧可能なデータリスト」を提出させていただく正確な調査、精密調査を実施しています。データレスキューセンターの調査、診断力は他社と質・レベルが違います。

パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社様 × データレスキューセンター

2社間の契約により実現した特別サービスです。

データレスキューセンターでは、パナソニック コンシューマーマーケティング株式会社様との契約により、Panasonic PC(パナソニック ノートパソコン)の公式直販サイト「パナソニック ストア」で購入されたレッツノート(Let's note) のデータ復旧をご希望されるお客様に特別サービスを提供しています。

復旧までの流れと料金について

年中無休(朝8時〜夜24時/年末年始除く)で調査・作業を行っています

復旧までの流れ

初期調査を無料で行い、論理障害は格安固定料金で対応しています。

初期調査0円

他社やメーカー様で復旧不可能だった媒体や費用面でキャンセルされた媒体でもデータレスキューセンターにおまかせください。初期調査無料で、論理障害は格安固定料金、電気的・機械的に故障している物理障害にも低価格で対応しています。

法人・個人を問わず、全国数多くのお客様から高い評価をいただいています。

ビギナーズQ&A

初めてご利用いただくお客さまから、データ復旧に関してよくお尋ねのあるご質問と回答をご案内させていただきます。
その他、調査のご依頼前にご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • すべての回答を見る
  • すべての回答を閉じる
Q1

データ復旧に対応している媒体(メディア)は何ですか?

回答を見る

パソコンの内蔵HDDや、外付けハードディスク、USBメモリ、SDカード/microSDカード、ビデオカメラ等、デジタルデータが記録されている媒体(メディア)のほぼ全てに対応しておりますので、ご安心ください。

Q2

どのような障害からでもデータ復旧出来ますか?

回答を見る

削除やフォーマットしたもの、突然認識出来なくなったり、落とされたりなど壊れてしまったもの等、さまざまな障害に対応しております。

Q3

希望データがあるかわかりますか?

回答を見る

調査結果のご報告の際に、復旧可能な場合は、取得できたファイル名、フォルダ名およびファイル容量を記載したデータリストをご案内しておりますので、復旧作業のご依頼前にどのようなデータが復旧可能か事前にご確認頂く事が可能です。

Q4

データ復旧にはどのぐらい時間がかかりますか?

回答を見る

弊社では土日祝日問わず、媒体が到着後48時間以内に、初期調査結果をご案内しております。復旧可能なデータリストと見積書をご確認いただき、復旧作業のご依頼をいただきましたら、レベル1からレベル3までの障害の場合は、ご依頼の当日あるいは翌日には作業が完了いたしますので、ご入金が確認でき次第、すぐに発送いたします。
なおレベル4の重度の物理障害の場合は、部品交換等を含む物理的処置が必要となり、さらに数日程度お時間をいただく場合がございます。
なお、初期調査結果は、原則、媒体到着後48時間以内にご報告させていただく為、朝8時から夜24時まで2交代制で勤務しているスタッフ一同、全力をつくしておりますが、障害状況やデータ容量等によっては48時間を超える初期調査時間をいただく場合がございます。なお、延長時間をいただく場合は、必ずお客様にご連絡を差し上げ確認をとらせていただいておりますのでご安心ください。

Q5

急いでいるのですが?

回答を見る

通常は到着後48時間以内の初期調査結果となりますが、お急ぎのお客さまの為に、エクスプレスサービスをご用意しております。
エクスプレス36(EX36) 到着後36時間以内(復旧費用の見積は通常サービスの1.1倍)
エクスプレス30(EX30) 到着後30時間以内(復旧費用の見積は通常サービスの1.2倍)
エクスプレス24(EX24) 到着後24時間以内(復旧費用の見積は通常サービスの1.4倍)
エクスプレス18(EX18) 到着後18時間以内(復旧費用の見積は通常サービスの1.6倍)
エクスプレス12(EX12) 到着後12時間以内(復旧費用の見積は通常サービスの1.8倍)
スーパーエクスプレス(EX6) 到着後6時間以内(復旧費用の見積は通常サービスの2倍)
また、お住まいの地域によりますが、クロネコヤマト宅急便タイムサービス等の速達サービスでご送付いただくと、送付期間が短縮される場合(翌日午前10時着)がございますので、あわせてご検討ください。

Q6

どのようにして送付すればいいですか?

回答を見る

ダンボールや小箱に、新聞紙やエアークッションなどの緩衝材を用いていただき、宅配便によるご郵送をおすすめします。郵便による送付は、精密機器指定が出来ない上、受け取り確認も不可能ですので、ご遠慮ください(普通郵便による精密機器の郵送は、破損や紛失などの郵送事故が発生する可能性があります)。
また、パソコンやサーバー本体をお送りいただく際、適当な大きさの箱がない場合は、パソコン宅急便によるご郵送をおすすめします。

Q7

個人情報、機密情報が保存されているのですが、情報が漏洩することはないですか?

回答を見る

弊社はプライバシーマーク(JIS Q 15001:2006)の認定と、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO27001」の認証を取得しております。
また、「静脈認証」「セキュリティカード」「監視カメラ」による入退出管理も行っており、万全の態勢で情報を保護しております。なお、セコム株式会社福岡支社様が同ビル2Fに入居されており、ビル全体の監視も行われています。

お客さまの疑問を少しでも解消するために、様々なページをご用意しています。

初心者窓口

初心者窓口はこちら

データ復旧を初めてご利用されるお客さまなど、初心者の方にもわかりやすくサービスをご利用いただけるコンテンツです。

データ保護ノススメ

データ保護ノススメ!

大切なデータが失われてしまう危険性は常に存在しています。弊社の経験をいかした「データ保護ノススメ」をご紹介させていただく事で、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

復旧率を下げない為の10のルール

復旧率を下げない為の10のルール

障害が発生した後に不用意な作業を行ったことで、復旧できたはずのデータが復旧できなくなったり、障害状況が悪化してデータ復旧にかかる費用が高額になってしまったというケースは少なくありません。正しい知識を身につけておきましょう。

メディア解説

メディア解説

データ復旧の専門家であるデータレスキューセンターによる、様々なデジタル記録メディアについての解説。メーカー、種類、構造、障害など。

データバックアップ入門

データバックアップ入門

ユーザーデータのバックアップは万が一のデータ復旧対策にもなります。データが保存されている場所を理解して、バックアップを取るようにしましょう。

データ復旧と暗号化

データ復旧と暗号化

暗号化されている媒体を使用することで安全性は高まりますが、万が一障害が起きた際は通常の媒体よりもデータ復旧が困難となるデメリットもあります。データレスキューセンターでは暗号化されたデータの復旧に対応しています。

いまさら聞けないパソコン基礎知識

いまさら聞けないパソコン基礎知識

WindowsとMacでのデータのやり取りや、データ保存・データ管理の仕組みなど、データ復旧、パソコン関連の基礎知識をご紹介します。

データ復旧が困難な障害・メディア

データ復旧が困難な障害・メディア

データレスキューセンターでは多くのメディア(媒体)、障害状況からのデータ復旧に対応していますが、復旧が困難な障害、メディアもあります。

キャンペーンとスマートフォン版のご紹介

キャンペーン

定期的にキャンペーンを実施いたします。お得なサービスを是非ご利用ください。

スマートフォン版のご案内

スマートフォン対応サイトもございます。是非ご利用ください。

  • 法人・個人のお客さま 共通フリーダイヤル0120-110-419 年中無休 土日祝日も朝8時〜夜24時まで営業(通話・相談無料)
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る