USBメモリ 復元・復旧|認識しないUSBメモリの修理・修復などUSBデータ復旧・復元の事例

故障して認識しないUSBメモリの復元/復旧の事例

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ > データ復旧事例 > 認識しないUSBメモリの復元・復旧の事例

USBメモリ (フラッシュメモリ)

USB認識しない

認識しないUSBメモリの復元・復旧、故障したUSBフラッシュメモリーのデータ復旧・復元の事例を一部ご紹介させて頂きます。データレスキューセンターでは、USBが認識しない制御/記録チップの障害に対しても修復・修理を行うことで、USBメモリのデータ復旧が可能です。

認識しないUSBメモリ復元 その1(フォーマットしますか?とエラー表示)

媒体 USBメモリ 2GB
障害内容 USBメモリーにアクセスすると、「フォーマットしますか?」のエラーが出て、USBメモリを認識しない。
結果 USBメモリが認識しない状態でしたが、ファイル構造情報の再構築を行う事で、最終的に100%(1,207ファイル/745MB)のUSBデータ復元に成功。

認識しないUSBメモリ復元 その2(フォーマットしますか?とエラー表示)

媒体 USBメモリ 128GB(WT-UPX-128GB)
障害内容 「フォーマットしますか?」と表示される。ディスクパラメーターが認識できない。
結果 ファイル構造情報の破損により重度の論理障害(障害レベル2)が発生していましたが、修復処置を施す事で37,102ファイル(約58.7GB)のデータ復旧に成功。

認識しないUSBメモリ復元 その3(ディスクを挿入してくださいとエラー表示)

媒体 USBメモリ 4GB
障害内容 朝、パソコンを起動させ、マイコンピューターからリムーバブルディスクをダブルクリックすると、ディスクを挿入してくださいとエラー表示が出て、USBメモリが認識されない。
結果 区画情報や接続情報等が上書きにより破損している為、USBメモリが認識しない状態ですが、構造情報の修復を行う事で、2,510ファイル(861MB)のUSBデータ復元が可能。

認識しないUSBメモリ復元 その4(取り外しの失敗)

媒体 USBメモリ 128MB
障害内容 普段は、ハードウェアの安全な取り外しのメッセージを確認してから、USBメモリを取り外すが、そのまま取り外したら正常にアクセスできなくなった。
結果 電気系の障害による読み出しエラーの状態。強制読み出しを行い、ファイル情報を元にデータを復旧した結果、368ファイル(42MB)のUSBデータ復旧に成功。

データが消えたUSBメモリ データ復旧 その1

媒体 USBメモリ 256MB
障害内容 データを書き込み終了した後、コンピュータの電源をOFFにしてUSBフラッシュメモリーを取り外したが、翌日見るとデータが消えていた。
結果 構造情報の破損により、USBを認識しない状態でしたが、ファイル構造情報の修復により、最終的に100%(579ファイル/66MB)のデータ復旧に成功。

データが消えたUSBメモリ データ復旧 その2

媒体 USBメモリ 2GB
障害内容 午前中利用時には全く異常はなかったが、午後、USBメモリーをパソコンに差し込んだらデータが消失していた。プロパティ上では1.54GBのデータを認識しているが、マイコンピュータから開いても、データが見えない状態。
結果 構造情報の上書きによる障害。修復を行なった結果、一部のフォルダおよびファイル名が仮名称となりましたが、9,991ファイル(約1.1GB)のデータが復旧可能。

データが消えたUSBメモリ データ復旧 その3

媒体 USBメモリ 64GB(GREEN HOUSE GH-UFD3-64GJ)
障害内容 ハードウェアの安全な取り外しを忘れ、ノートPCからUSBメモリーを取り外した。その後、「H25」というフォルダの中身だけが突然消えてしまいました。他のフォルダは、見えて中身も残っています。
結果 ファイル構造情報の損傷によるレベル2の論理障害が発生している状態でしたが、修復処置および、ファイルのヘッダー情報をもとにした切り出しによる追加での回収を行い、1,789ファイル(約2.68GB)のデータが復元可能

データが消えたUSBメモリ データ復旧 その4

媒体 USBメモリ 64GB(Transcend)
障害内容 一部xlsファイルが読めなくなっていたところへ、Windowsの修復を促されたので行った。そのうちにすべてのデータが読めなくなってしまった。
結果 初期調査の結果、重度の論理障害(障害レベル2)が発生している状態でしたが、ファイル構造の修復とファイルのヘッダー情報をもとにした切り出しによる追加での回収を行うことで、18,364ファイル(約10.5GB)のデータが復元可能。

間違って削除したUSBのデータ復元 その1

媒体 USBメモリ 16GB
障害内容 USBメモリに入っていた写真のデータを切り取ってPCに貼り付けた後、誤操作でデータをなくしました。切り取る前の状態になることは可能でしょうか?
結果 論理障害が発生している状態でしたが、修復処置およびファイルのヘッダー情報をもとにした切り出しによる復旧を行い、一部のファイルが仮名称となりましたが、772ファイル(約1.93GB)のUSBデータ復元に成功。

間違って削除したUSBのデータ復元 その2

媒体 USBメモリ(USB3.0) 16GB
障害内容 削除後にデータの上書きをしてしまった
結果 ファイル構造情報の損傷によるレベル2の論理障害が発生している状態でしたが、修復処置および、ファイルのヘッダー情報をもとにした切り出しによる追加での復元を行うことで、2,919ファイル(約14GB)のデータが復旧可能。

ファイル名が文字化けして「アクセスできません」とエラーになるUSBメモリ復元

媒体 USBフラッシュメモリー 1GB
障害内容 工事現場写真の入ったUSBのデータを読み込もうとした所、ファイル名が文字化けした様になり「アクセスできません」と表示された。
結果 リードエラーおよび構造情報の損傷が発生していましたが、強制読み出しを実施し、修復処置を施すことで、378ファイル(約730MB)のデータが復旧可能。

エラーが表示されて認識されないUSB復旧

媒体 USBフラッシュメモリ 256MB
障害内容 USBメモリに保存していたファイルが突然開かなくなりました。コンピュータ上はディスクドライブとして認識されますが、「ディスクにドライブを挿入してください」とエラーが表示されで、USBを認識しない。
結果 回路基板上の素子障害の為、マッピング情報が出ずアクセスできない状態でしたが、物理的処置を施す事で、構造損傷もなく、最終的に100%(166ファイル/260MB)のデータ復元に成功。

反応しないUSB復旧

媒体 USBフラッシュメモリ 8GB
障害内容 PCにUSBメモリを差し込んで作業を行っていた。そのまま1時間ほど放置した後に同じ作業を始めたが、上書き保存できず、他のPCにUSBメモリを挿しても反応しなくなっていた。
結果 媒体損傷による物理障害のためにUSBメモリを認識しない状態ですが、修復処置を施す事で100%(1,144ファイル/466MB)のデータ復元が可能。

基板が損傷したUSBメモリ修理 その1

媒体 USBフラッシュメモリー 16GB
障害内容 USBメモリを外付けハードディスクの代わりとして利用していたが、突然「遅延書き込みによりデータが消失した」旨のメッセージとともに、マイコンピューター上のアイコンが空になった。パソコンを立ち上げ直したが、USBメモリが認識されない。パーテイションマジックでは外付けHDDとして存在しているが、論理領域が認識されていない状態。
結果 基盤損傷によるUSBメモリの故障。物理的処置を施した結果、読み出しが可能となり、構造情報に損傷も無く、最終的にUSBメモリから30,273ファイル(約11GB)のデータ復旧に成功。

基板が損傷したUSBメモリ修理 その2

媒体 USBメモリー 256MB
障害内容 通常通りUSBの挿し込み口にフラッシュメモリーを挿入しても、全くUSBを認識しなくなりました。数台のパソコンにて試しましたが同じ結果。
結果 回路基板上のパターン損傷。物理的処置を施す事で構造損傷もなく、最終的にUSBメモリから100%(214ファイル/56MB)のデータが復元可能。

端子部分が破損したUSB復元

媒体 USBメモリ 1GB
障害内容 デスクトップパソコンの本体にUSBを差し込んだ状態で本体を倒してしまい、USBの基盤とケースがバラバラになっていて、端子部分が折れてしまった。
結果 コネクタ部分が損傷し、回路基盤の端子部が故障していますが、物理的処置を施す事で、100%(169ファイル/33MB)のデータ復元に成功。

構造情報が破損したUSBメモリ復元

媒体 USBフラッシュメモリー 128MB
障害内容 パソコン接続時に、画面に英語が大量に並び、勝手にスクロールしました。その後、USBメモリのデータが消滅しました。
結果 上書きによるファイル構造情報の損傷。ディレクトリ構造、FATを再構築する等の修復処置を施す事で、上位のフォルダ名が消失していますが、最終的に497ファイル(58MB)のUSB復旧に成功。

落下により故障したUSBメモリ復旧

媒体 USBフラッシュメモリー 2GB
障害内容 机からノートPCを落下させた時に、床とフラッシュメモリが接触し、USBメモリがバラバラになった。
結果 パーツの欠損がありましたが、互換パーツによる処置を施すことでフラッシュメモリを復元。読み出しができるようになり、1,054ファイル(302MB)がデータ復元可能。

認識しないUSB修理

媒体 USBメモリ 256MB
障害内容 USBメモリをコンピュータに接続したまま、移動中に落としてしまい、コンピュータに破損はなかったが、USBメモリーの接続部分が曲がってしまった。なんとか接続はできるが、USBを認識しない為にデータが読み出せない。
結果 外力により回路基板が破損していましたが、物理的処置を施す事でUSBメモリを修復。構造損傷もなく、最終的に100%(355ファイル/89MB)のデータ復元に成功。

bitlockerの暗号化が施されたUSBメモリからの復旧

媒体 USBメモリ 1GB
障害内容 bitlockerの暗号化をかけていたUSBメモリで「フォーマットしますか?」と表示される。
結果 接続情報が破損しており、通常の回復キーの入力も受け付けられない状態でした。ご提供頂いたbitlockerのリカバリキーを用いて強制解除を実施し、さらに構造情報に修復を施すことで1,228ファイル(約568MB)のデータ復旧に成功しました。

セキュリティ機能付きUSBメモリからの復旧 その1

媒体 USBメモリ2GB(ELECOM製MF-AU202G)
障害内容 セキュリティ設定ソフト[LOOK(EXE)]により区画を分けて暗号化を有効にしていたが、設定ソフトが保存されている区画が文字化けしており、暗号化が解除できなくなった。
結果 ご提供頂いたパスワードをもとにセキュリティ設定ソフト[LOOK(EXE)]をシミュレートし、暗号化区画の解除に成功。データ区画より5,267ファイル(約1.26GB)のデータ復旧に成功しました。

セキュリティ機能付きUSBメモリからの復旧 その2

媒体 USBメモリ4GB(ELECOM製MF-NU2A04G)
障害内容 セキュリティ設定ソフト[PASS(EXE)]により暗号化を有効にしていたが、パスワードを入れても”パスフォルダ”の中身が表示されない。
結果 構造情報の損傷により、正常な暗号解除がされない状態。修復処置を加えることで構造情報から1,792ファイル(約2.38GB)のデータ復旧に成功しました。

回復ドライブを作成したUSBメモリからの復旧 その1

媒体 USBメモリ 16GB(ELECOM製 MF-LSU316GBK)
障害内容 回復ドライブになってしまい、元のデータが削除されてしまった。
結果 回復ドライブの作成により、区画情報・ファイル構造情報・データ部が破壊されている状態。情報の大部分が上書きにより損失していましたが、ファイルのヘッダー情報をもとにした切り出しにより画像ファイル、文書ファイル等を含む433ファイル(373MB)のデータが復元可能となりました。

回復ドライブを作成したUSBメモリからの復旧 その2

媒体 USBメモリ 32GB(BUFFALO製 RUF3-K32G)
障害内容 元データの上に回復ドライブを設定してしまいデータを消してしまった。
結果 回復ドライブの作成により、区画情報・ファイル構造情報・データ部が破壊されている状態。上書きによる損失は一部で済んでいたため、一部上位階層のフォルダ名が仮名称となりましたが、旧構造を再構成する事に成功。ファイルのヘッダー情報をもとにした切り出しによる追加での復旧と合わせて3,182ファイル(7,357MB)のデータが復旧可能となりました。

制御/記録チップの障害で認識しないUSBメモリ復元 その1

媒体 USBメモリ 8GB
障害内容 LEDが点灯せず、USBメモリを認識しない。これまでは問題なく使用できていた。振動や落下、静電気などのショックを与えた記憶はない。
結果 制御/記録チップの障害とリードエラーが原因で、USBメモリを認識しない状態ですが、物理的処置を施し、構造情報の損傷を補正する事で、100%(5,507ファイル/2,768MB)のデータ復元に成功。

制御/記録チップの障害で認識しないUSBメモリ復元 その2

媒体 USBメモリ 1GB
障害内容 突然USBメモリを認識しなくなり、再度呼び出すと「フォーマットしますか?」の画面になる。
結果 制御/記録チップの破損およびリードエラーが原因で、USBが認識しない状態ですが、修復処置を施す事で366セクタを残しイメージデータの取得に成功。構造の再構築を行う事で1,376ファイル(247MB)のデータ復元に成功。

制御/記録チップの障害で認識しないUSBメモリ復元 その3

媒体 USBメモリ 4GB
障害内容 ドライブを認識しなくなった。ファイル復旧ソフトで見ると0バイトと出る。またパーテーション管理ソフトで見るとデータ領域には23MBほどデータがあるように見える。
結果 制御・記録チップの障害、リードエラーにより正常動作しない状態ですが、物理的処置を施す事で、媒体イメージの取得に成功。取得したイメージデータを解析し、構造情報の損傷を修復することで、2,330ファイル(1,621MB)のデータが復旧可能。一部のフォルダ・ファイル名が仮名称となりましたが展開可能な状態。

制御/記録チップの障害で認識しないUSBメモリ復元 その4

媒体 USBメモリ 16GB
障害内容 デバイスマネージャー上では認識するがマイコンピュータ上には表示せず。コンピュータの管理では認識している様だが、容量は表示せず、メディアなしとなっている。
結果 制御・記録チップの障害の為、正常動作しない状態ですが、物理的処置を施す事で、媒体イメージの取得に成功し、構造情報に損傷に対して補正等の修復を施す事で、22,731ファイル(8,340MB)のデータが復旧可能。

制御/記録チップの障害で認識しないUSBメモリ復元 その5

媒体 USBメモリ 32GB
障害内容 認識しない。どこに入れても反応なし。
結果 制御・記録チップの障害により認識しない状態ですが、物理的処置を施す事で、媒体イメージの取得に成功。構造情報の損傷もなく最終的に100%(667ファイル/8,641MB)のデータが復旧可能。

制御/記録チップの障害で認識しないUSBメモリ復元 その6

媒体 USBメモリ 64GB(BUFFALO RUF3-JM64GS-SV)
障害内容 マイコンピューターからリムーバブルディスクをダブルクリックすると、ディスクを挿入してくださいとエラー表示が出て、USBメモリを認識しない。
結果 制御・記録チップの障害が発生していましたが、物理的処置と構造情報の補正等の修復処置を施しました。復元可能なデータの一部のフォルダ・ファイル名が仮名称で表示されていて一部破損データが混在する状態でしたが、12,955ファイル(23,506MB)のデータが復旧可能。

制御/記録チップの障害で認識しないUSBメモリ復元 その7

媒体 USBメモリ 64GB(ELECOM MF-CSU364GBK)
障害内容 差し込んでもランプが一瞬だけ点くのみで、USBが認識せず起動しませんでした。他社にて開封して調査していただきましたが復旧しませんでした。
結果 制御・記録チップの障害およびリードエラー障害の為、認識しない状態でしたが、物理的処置を施す事で、6,985ファイル(26,101MB)のデータが復旧可能。また、ファイルのヘッダー情報を元にした切り出しによる追加復旧により、さらに6,728ファイル(7,601MB)のデータも復元可能。
  • フリーダイヤル0120-110-419 年中無休 土日祝日も朝8時〜夜24時まで営業(年末年始除く)
  • お問合せはこちら
  • お申込みはこちら

このページの先頭へ戻る

  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、プライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、ISO27001認証企業
  • このマークはウェブサイトを安心してご利用いただける安心の証です。