その他メディアのデータ復旧事例|データレスキューセンター

データ復旧事例:その他

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ > データ復旧事例 > その他メディア

その他メディア

その他

ICレコーダー、サーバー用テープ媒体、iPod、MP3プレーヤー、デジカメ内蔵メモリやコンピューターウイルスによるデータ消失など、その他の様々なメディアからのデータ復旧、復元事例をご紹介。

IC レコーダー内蔵メモリからの復旧事例その1

媒体 SONY IC レコーダー ICD-PX440 内蔵メモリ 4GB
障害内容 内蔵メモリ内に録音したデータを誤って削除した
結果 データの削除に伴い、ファイル構造情報に損傷が発生している状態でしたが、修復処置を施す事で12ファイル(約3.23GB)のデータを復旧しました。

IC レコーダー内蔵メモリからの復旧事例その2

媒体 SONY IC レコーダー ICD-UX71 内蔵メモリ 1GB
障害内容 録音データをパソコンに保存しようと ICレコーダーをパソコンにつないだが、パソコン上で録音データが消えており、ICレコーダーの録音ファイルも消失した。
結果 ICレコーダー自体の認識が不安定な状態で、内蔵メモリの読み取りに難航しましたが、取得したイメージに修復処置を施す事で9ファイル (約1.02GB)のデータが復旧可能と判断されました。

IC レコーダー内蔵メモリからの復旧事例その3

媒体 OLYMPUS IC レコーダー Voice-Trek V-51 内蔵メモリ 1GB
障害内容 前日の晩に不要ファイルを大量に消去し、翌日録音を始めたところ、しばらくしてレコーダーが停止していたので、再度録音ボタンを押してみたが録音が始まらず、一旦電池パックを抜いて差し直したら「初期化しますか?」との表示が出た。「キャンセル」を選択すると「メモリーに異常があります」との表示が出る。
結果 ICレコーダー自体の動作・認識が不安定な状態でしたが、内蔵メモリからイメージを取得し、修復処置を施す事で99ファイル(約1GB)のデータが復旧可能と判断されました。

サーバー用テープ媒体からの復旧事例その1

媒体 DELL 製 DLT(サーバー用テープ媒体) 80GB
障害内容 テープをドライブに挿入しても読み込まず、テープが排出される
結果 リードエラーの為、正常認識しない状態でしたが、物理的処置を施した後にイメージを取得し、構造情報に損傷に対し補正等の修復処置を施す事で、496,820ファイル(46,368MB)のデータが復旧可能。

サーバー用テープ媒体からの復旧事例その2

媒体 FUJIFILM 製 DLT(サーバー用テープ媒体) 320GB
障害内容 サーバーでバックアップソフト上からデータを呼び出そうとした際、不良メディアとみなされる。
結果 動作不安定な状態であるもののイメージデータの取得・解析の結果、復旧に影響する構造情報の損傷もなく、18ファイル(約10.4GB)のデータが復旧可能となりました。

サーバー用テープ媒体からの復旧事例その3

媒体 NEC フィールディング製 AIT3(サーバー用テープ媒体) EF-2426 100GB
障害内容 サーバー機本体でテープが認識しない
結果 イメージデータの取得に成功し、解析の結果、復旧に影響する構造情報の損傷もなく、198,811ファイル(約27GB)のデータが復旧可能となりました。

iPod からの復旧事例その1

媒体 Apple iPod Classic A1238 内蔵HDD 160GB
障害内容 iPodがパソコンのドライブとしては認識されるが、アクセスしようとすると異音がする。ファイルを開けませんとエラーメッセージが出る。
結果 iPod内蔵のHDDに異音が発生している状態でしたが、イメージファイルの取得に成功。イメージファイルを解析し修復処置を施す事で12,871ファイル(約84.5GB)のデータを復旧いたしました。

iPod からの復旧事例その2

媒体 Apple iPod Classic A1136 内蔵HDD 30GB
障害内容 5年前に撮影した動画をiPodのハードディスクに保管していたが、誤って削除した。
結果 構造情報に損傷が発生しており、ファイルのヘッダー情報を元にした切り出しによる強制回収となりましたが、221ファイル(約20GB)のデータが復旧可能。

MP3プレーヤーからの復旧事例

媒体 SONY WALKMAN NW-F887 内蔵メモリ 64GB
障害内容 ハイレゾ音源ファイルと、その添付画像を誤って削除した。
結果 内蔵メモリ全体から強制回収を行ない、修復を行なった結果、109ファイル(約4.6GB)のデータの復元に成功しました。

デジカメ内蔵メモリからの復旧事例その1

媒体 CAPLIO WG-4 RICOH 製デジカメ内蔵メモリ 70MB
障害内容 写真データを誤削除し、その後数十枚上書き撮影をした。
結果 データの上書きにより構造情報に損傷が発生しており、ファイルのヘッダー情報を元にした切り出しによる強制回収となりましたが、365ファイル(約64.7MB)のデータが復旧可能。

デジカメ内蔵メモリからの復旧事例その2

媒体 EXILIM EX-ZS26 CASIO製デジカメ内蔵メモリ 46MB)
障害内容 デジカメで撮影後に間違えて、内蔵データのフォーマットを実行した。
結果 フォーマットに伴い、ファイル構造情報の損傷が発生している状態でしたが、修復処置および、ファイルのヘッダー情報をもとにした切り出しによる追加での回収を行い、11ファイル(約5.41MB)のデータが復旧可能。

デジカメ内蔵メモリからの復旧事例その3

媒体 CAPLIO 500G RICOH製デジカメ内蔵メモリ 26MB
障害内容 撮影したデータがSDカードに保存されず、カメラ内蔵メモリに記録されてしまっていたので、データを取り出そうとしたが、フォーマットして下さいと表示が出てデータを取り出せない。
結果 内蔵メモリに読み取りエラーの物理障害が発生している状態で、メモリ内の一部領域が読み取りできない状態となっており、ファイルのヘッダー情報を元にした切り出しによる回収となりましたが、50ファイル(約18.7MB)のデータが復旧可能。

コンピュータウイルスによりデータが消失したHDDからの復旧

媒体 外付けHDD 1TB(BUFFALO/バッファロー製)
障害内容 サイズをカウントすると10GB程度あることになっているが、数MB程度のデータしか確認できない。
結果 ウイルス感染により、データ構造が書き換えられていました。修復処置を施すことで、書き換えられる前の状態の約1600ファイル(約4.3GB)のデータが復旧可能となりました。

コンピュータウイルスによりデータが消失したUSBメモリからの復旧

媒体 USBメモリ128GB(SONY/ソニー製)
障害内容 殆どのデータが消失し、文字化けしたファイルだけが残っている。
結果 ウイルス感染によりデータ構造が書き換えられており、構造情報に一部破損も発生していましたが、修復処置を施す事で約440ファイル(約36MB)のデータ復旧に成功。

その他特殊媒体からの復旧事例

媒体 DISK ON MODULE(CoreSolidStorage HAV40-004GR0) 4GB
障害内容 Dataフォルダ直下にあるべきファイルが全てが見当たらず、サブフォルダ内の一部データも見当たらないものがある。
結果 電気的・機構的障害及び論理的構造の破損によるメディア損傷の為、正常動作しない状態ですが、物理的処置を施してイメージデータを取得・解析した結果、23,195ファイル(約307MB)のデータか復旧可能となりました。

仮想ハードディスクファイル(VHDX)からの復旧事例

媒体 RAID1(3.5inch HDD 2TB×2)
障害内容 RAID構成のHDD2台ともに障害が発生したため、Hyper-V上で構成していた複数の仮想ファイルが読み込めなくなった。仮想ファイルに含まれるデータファイルを復旧したい。
結果 リードエラーによる物理障害が発生しており、セクタエラーにより仮想ファイルの読み出しができない状態でしたが、物理的処置を施しながらの強制読取により、該当の仮想ファイルの読み出しには成功。
仮想ファイル内部には構造損傷が発生しており、またスナップショット機能により分割もされていましたが、結合・修復処置を施すことで正常データの復旧(164,433ファイル/97,846MB)に成功。

※媒体の種類やデータの保存形式等の違いで、上記の事例に該当しても対応できないケースもございますので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

  • 法人・個人のお客さま 共通フリーダイヤル0120-110-419 年中無休 土日祝日も朝8時〜夜24時まで営業(通話・相談無料)
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、プライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、ISO27001認証企業
  • このマークはウェブサイトを安心してご利用いただける安心の証です。