データバックアップ入門|データ復旧対策

データバックアップ入門

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ > データバックアップ入門

5分で解かる!データバックアップ入門

パソコンを買い替えたときには、古いパソコンから新しいパソコンにデータを移すことが必要になります。ソフトを購入したり、メーカーや販売店などに有償サポートを依頼する方法もありますが、ポイントを押さえれば自分でデータ移行することが可能です。ユーザーデータのバックアップは万が一のデータ復旧対策にもなります。データが保存されている場所を理解して、バックアップを取るようにしましょう。

01コピーしておきたいデータとコピー方法

WindowsXPのパソコンの場合は「Documents and Settings」フォルダ、WindowsVista以降のパソコンの場合は「Users」フォルダに主要なデータが入っています。
Mac OSXの場合は、「Users」(ユーザ)フォルダに要なデータが入っています。
このフォルダごとコピーするのが一番簡単です。

詳しくはこちら

02お気に入りの戻し方

パソコンを買い替えた時に、以前のパソコンからバックアップしたデータを新しいパソコンに戻す必要があります。
基本的にはデスクトップやマイドキュメントなど、 わかりやすい場所にコピーするだけで良いですが、メールデータやお気に入りなどは、単純にコピーするだけではうまく動作しないことがあります。

詳しくはこちら

03メールデータの戻し方

バックアップデータの中でも、メールデータは特殊で、バックアップ方法や復元方法が複雑なものがあります。 YahooメールやGmailなど、サーバー保存型のWebメールサービスであればバックアップは不要で複数のパソコンやスマートフォンでデータを共用できますので、バックアップが面倒な方はWebメールに乗り換えるのもおすすめです。

詳しくはこちら

04自動バックアップ方法

定期的にバックアップを取ることも大事ですが、そのバックアップを自動化すると便利です。
WindowsやMac OSには、自動的にバックアップを作成する便利な機能があります。バックアップを活用することで、突然パソコンが壊れた場合にもデータを守ることができます。

詳しくはこちら

05フォルダ・ファイルの整理整頓術

作成したフォルダやファイルはどのように整理されているでしょうか。
気が付いたら乱雑な状態になり、目的のファイルを即座に見つけられなくなったり、間違って消してしまったり、誰もが一度はそんな経験をするのではないでしょうか。
簡単な整理整頓の極意をまとめてみましたので参考にしてください。

詳しくはこちら
  • 法人・個人のお客さま 共通フリーダイヤル0120-110-419 年中無休 土日祝日も朝8時〜夜24時まで営業(通話・相談無料)
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、プライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、ISO27001認証企業
  • このマークはウェブサイトを安心してご利用いただける安心の証です。