I/Oデバイスエラーで正常に認識できないmicroSDカードのデータ復元をご依頼いただいた
広島テレビ放送様によるデータレスキューセンターの評価

お客様のデータレスキューセンターの評価

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ > お客さまの声 > 広島テレビ放送様

広島テレビ放送様

広島テレビ放送様ロゴ

日本テレビネットワークの地上波テレビ局で、地方局としては最も早く24時間いつでもニュースが放送できるニュースセンターを設けられ、地域に密着した生活情報やスポーツ番組などを放送されている広島テレビ放送株式会社様から、microSDカードのデータ復元をご依頼いただきました。I/Oデバイスエラーで正常に認識できない状態でしたが、27ファイル(約11.6GB)のデータ復旧に成功しました。

●所在地:広島県広島市中区中町6番6号
●売上高:101.8億円(平成26年度)
●URL http://www.htv.jp/

障害発生から弊社に依頼されるまでの経緯をお教えください。

撮影中は、きちんと録画されているか確認しており問題ない状態でした。会社に戻り編集作業を行う際に、GoProで利用していたmicroSDカードが認識しなくなりました。PCにも接続してみましたが認識されません。それまでに撮影した動画データが必要でしたので、何度か接続を繰り返してみましたが「フォーマットしますか?」と表示されて、microSDカードを全く認識しない状態となりました。

一昔前は、番組等のデータはテープやフィルムを保存されていたかと思われますが、現在のデジタルデータはどのように保存されていらっしゃるのでしょうか?

録画したデジタルデータは、一旦サーバに保存します。その後番組用に編集作業を行いますが、その後は必ずテープに落とし保存を行っています。撮影や編集などはデジタルデータで行っていますが、編集後、番組という、いわゆる商品の状態になるとテープで保存を行っています。

テレビの番組などでドローンやヘッドマウントでGoProが利用されているのをよく見かけますが、実際にどのような場面で使われることが多いのでしょうか?

業務用のカメラよりも違った画角、雰囲気で映像がとれるため、映像のバリエーションを増やすという意味合いでメインを業務用のカメラ、サブでGoProを利用するといった機会が増えています。今回依頼した動画データもメイン部分は別の撮影用カメラを使用していましたが、登山で上から下へ見下ろす画面を撮るなど異なるアングルが欲しい場合などにGoProを利用していました。また、アウトドアだけではなく、室内でもテーブルにおいて出演者の顔のアップを撮影するのに使用したりすることもあります。

データレスキューセンターをお知りになられたきっかけは何でしたか?

インターネットで検索をし、HPを拝見させて頂きました。HPが分かりやすく案内されており、調査依頼の申込みも、オンライン上から簡単に行え、送付先についての案内も表示されるためスムーズに対応できました。

ご報告やご対応に関してはいかがでしたか?

火曜日にmiroSDカードが到着したとのメールを頂きましたが、翌日の水曜日には調査結果の連絡があり、障害状況、復旧可能なデータリスト、見積書を確認することができました。非常に迅速な対応で内容的にも分かりやすかったです。復旧の依頼に関しても、火曜日の夜に依頼をだしたのですが、翌日水曜日には作業完了と発送のご連絡をいただき、木曜日には復旧データが手元に届きました。今回は放送までのスパンに余裕がありましたが、急を要するようなケースでも安心してご相談できるなと思いました。

復旧したデータを受け取ってみていかがでしたか?

実際に取り出してみるまで、どういった絵がとれているか分からないという部分がありましたが、復旧したデータを確認したところ、「ちゃんと復旧できている」というのが率直な感想でした。ただ、1ファイルのみ正常に再生できなかったファイルがあり、撮影日時をみると必要なデータである可能性が高そうでした。編集機の問題でたまにうまく認識しないファイルもあるので今回もそういうケースかもしれないとは思ったのですが、ファイル名などは綺麗に取得できていたため、確認のためデータレスキューセンターさんに電話させていただきました。

データレスキューセンターより

「1ファイルだけ再生できないとのお電話をいただきましたので、弊社でデータの確認を行いました(お客様にお渡ししているデータは、輸送や正常にデータが開かない等の万が一のトラブルを考慮し、一定期間弊社内のサーバーでバックアップをとっております)。弊社の環境では正常に再生可能でしたので、お客様にお渡ししたUSBメモリ内のデータに問題があると考えられました。GoProでご利用されていたmicroSDカードはFAT32といわれるファイルシステム形式でしたので、USBメモリも同様のファイルシステムにしていたのですが、ファイルシステムの制限により1ファイルだけ正常に移行がされていない状態と推測されました。exFATと呼ばれる新しいファイルシステムでは問題がないことを確認できましたので、再度新しいUSBメモリにデータを移行し、すぐに広島テレビ放送様にお送りしました。」

新しいUSBメモリが到着して確認した所、きちんと再生できましたのでほっとしました。1ファイルだけ再生できないとの電話をさせていただいた翌日には、再生できるデータが保存された新しいUSBメモリが到着しましたので、迅速な対応に大変助かりました。

最後にご感想をお聞かせください。

広島テレビ放送様

おそらく多くの方がネットで検索をされているかと思います。その上で依頼への方法が分かりやすかったというのが挙げられます。また媒体到着時や調査の報告、発送の案内など、過程ごとにご連絡を頂けるので安心して利用することができました。
調査時間、復旧時間についても迅速で、求めるデータも復旧できたので依頼して良かったなと思います。今回は、GoProというサブのデータだったのですが、メインのカメラで同様の障害が起きた場合、切迫度が非常にあがります。そういった場合もぜひデータレスキューセンターさんに相談したいと思います。

※お忙しい中、快くインタビューに応じていただいた報道制作部 M.T様、広島テレビ放送株式会社様に心よりお礼申し上げます。

  • 法人・個人のお客さま 共通フリーダイヤル0120-110-419 年中無休 土日祝日も朝8時〜夜24時まで営業(通話・相談無料)
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、プライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、ISO27001認証企業
  • このマークはウェブサイトを安心してご利用いただける安心の証です。