データ復旧が可能な「よくあるトラブル事例」

初心者窓口

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ > 初心者窓口 > 個人でデータ復旧を行う場合の危険性

個人でデータ復旧を行う場合の危険性

個人データ復旧を行う場合の危険性

PCやUSBメモリ、SDカードなどの記録媒体をご利用時に誤ってデータを削除してしまったり、媒体を認識しなくなったりした際に、ご自身でデータの取り出しを試みる方がいらっしゃいます。
さほど重要ではないデータや、費用をかけるまでもないデータであれば、データ復旧ソフト等をご利用されるのも一つの手段かもしれません。しかし、会社で利用している重要なデータや、ご家族の大切な写真データなど、消えては困る重要なデータにはおすすめできません。具体的な事例をご紹介します。

データの削除やクイックフォーマットをしてしまったケース

昨日の取材データはどうだった?ちゃんと撮れてたかな?

それが・・・、操作を失敗してデータを消してしまったようなんです・・・

え!!うそでしょ・・、バックアップはとってる?

いえ、とってないんですよー、どうしたらいいですか先輩・・

うわー、マズイなぁ。復旧ソフト使ってみるか・・。

それで、どうなりました?

出てきたデータのファイル名がなんか変・・・、しかもぜんぜん開けない・・・。

危険マーク
復旧ソフトの使用には注意が必要です。

PC上のデータを誤って削除してしまった場合は、即座にPCをシャットダウンすることが重要となります。また、USBメモリやSDカードなどの記録メディアのデータを削除したときに、復旧ソフトを使用して同じメディアに復旧したデータを書き込んでしまうことがあります。このような場合、上書きにより状態が悪化し、データ復旧専門の業者でも復旧不可能となる場合があります。

上書き発生の例 復旧ソフトインストール OSの更新ファイルダウンロード メール受信 ホームページ閲覧

削除やクイックフォーマットを行った直後や、その後何もデータを書かれていない場合はデータを復旧できる可能性は十分ありますので、データレスキューセンターまでご相談ください。

「フォーマットしてください」と表示される

危険マーク

外付けHDDやUSBメモリ、SDカードなどを接続すると、「フォーマットしてください」と表示される、または認識はされるが一部のデータが消えている、といったケースは、論理障害、物理障害のどちらの可能性もあり、物理障害だった場合に復旧ソフトを使うことで状態が悪化してしまいます。

OSが起動しないケース

パソコンが起動しなくなった!この忙しい時にー

うわー、ついてないね^^;
とりあえずいろいろ検索してみたら?対処法とかたくさん出てくるよ。

ほんとだ、わかりやすく手順が書いてある。なんだかうまくいきそうだな。

「システム復元」かぁ。データって消えたりしないかな?

う…。消えたらシャレにならないデータばっかりだよ…。

危険マーク

システム復元やリカバリ、チェックディスク等は行わないようにしてください。これらの操作はデータの保護よりもOSが起動することを最優先として修復する作業のため、データの保護が行われず、上書きが発生し復旧が困難になります。

HDDから「カコン、カコン」などの異音がする場合

何の音かと思ったらパソコンの音か?

うん、最近鳴り出したんだよね。じき治まるんじゃない?

よっしゃ、お父さんがみてやろうか!

え!分解するの?

機械の修理は慣れたもんよ。ほら、どいてどいて!

・・・。(いやぁー、日曜大工とは違うと思うんだけど・・・)

危険マーク
物理障害の可能性が高く、復旧ソフトでは対応できないケースです。

HDDは精密機器で、データが記録されているプラッタとよばれるディスクが、高速で回転しています。そのため、わずかのホコリでも入ってしまうと、プラッタに傷をつけてデータの復旧ができなくなる可能性が高くなります。 HDDの分解はクリーンベンチなどで行うなど、専用の設備が必要になるため、お客様ご自身で分解されないようにご注意ください。

水没、燃焼、落下などで物理的に破損した場合

もしもし、あのね、掃除中にパソコン落としちゃって・・

わ、大丈夫?電源入る?

それが、丁度バケツの中に入っちゃって、水浸し・・・。電源入れていいかな(T_T)?

;゚Д゚えええっ・・・!乾かしたほうがいいんじゃない!?

危険マーク
通電するだけでも危険です。すみやかに専門の業者をご利用ださい。

ショートしたり、ディスクヘッドがプラッタと接触していたりする可能性があります。

危険マーク
水没した場合は、乾燥させないよう濡れタオルで包むなどの処置が必要です。

乾燥するとプラッタ、ヘッド等が腐食し復旧が困難となりますので、復旧をお考えの場合は、早急に対応を行う必要があります。

復旧されたいデータが重要なデータであればあるほど、
弊社のような専門の業者をご利用されることをおすすめします。

障害が発生した後に不用意な作業を行ったことで、復旧できたはずのデータが復旧できなくなったり、障害状況が悪化してデータ復旧にかかる時間も費用も高額になってしまったというケースは少なくありません。

お申込みはこちら!

オンライン入力フォームに必要事項をご入力いただくか、申込書をダウンロードしていただき、障害状況や復旧を希望されるデータ等、ご記入・ご捺印後、データの復旧をご希望される障害メディア(パソコン、ハードディスク、メモリーカード等)を、元払い(送料お客様負担)で弊社までお送りください。朝8時から夜24時まで年中無休で受付・作業を行っておりますので、土日祝日でも受け取り可能です。また、直接お持ち込みいただく事も可能ですので、お気軽にご相談ください。

  • オンライン入力フォームからデータ復旧を申し込む場合
  • お申込書をプリントしてデータ復旧を申し込む場合
  • 法人・個人のお客さま 共通フリーダイヤル0120-110-419 年中無休 土日祝日も朝8時〜夜24時まで営業(通話・相談無料)
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、プライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、ISO27001認証企業
  • SSL GlobalSign Site Seal