メールデータの戻し方

データ保護ノススメ

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ > データバックアップ入門 > メールデータの戻し方

メールデータの戻し方

メールデータのバックアップと復元

バックアップデータの中でも、メールデータは特殊で、バックアップ方法や復元方法が複雑なものがあります。 YahooメールやGmailなど、サーバー保存型のWebメールサービスであればバックアップは不要で複数のパソコンやスマートフォンでデータを共用できますので、バックアップが面倒な方はWebメールに乗り換えるのもおすすめです。

ただし、Webメールサーバー上のデータを削除した後に、削除したデータを復元したいと思っても、利用者がWebメールサーバーのデータ復旧を試みることは一般的にはできませんので、その点注意が必要です。

Windows Live メール(バックアップ)

1. 左上の「▼」マークのあるボタンをクリックし、「電子メールのエクスポート」→「電子メールメッセージ」を順にクリックします。

電子メールメッセージ画面イメージ

2. 「Microsoft Windows Liveメール」を選択し、「次へ」をクリックします。

Microsoft Windows Live メール画面イメージ

3. 「参照」をクリックしてバックアップ先のフォルダを指定し、「次へ」をクリックします。

参照からバックアップ先のフォルダを指定画面イメージ

4. 「すべてのフォルダー」を選択し、「次へ」をクリックすると、バックアップされます。

すべてのフォルダーを選択画面イメージ
Windows Live メール(データ戻し)

1. 左上の「▼」マークのあるボタンをクリックし「メッセージのインポート」をクリックします。

メッセージのインポート画面イメージ

2. 「Windows Liveメール」をクリックします。
※ここで別の形式を選択すると、古いメールソフトからのインポートも可能です。

Windows Liveメール画面イメージ

3. 「参照」をクリックして、バックアップデータを保存しているフォルダを指定し、「次へ」をクリックします。

参照からバックアップデータを保存しているフォルダを指定画面イメージ

4. 「すべてのフォルダー」を選択して「次へ」をクリックするとインポートが完了します。

すべてのフォルダーを選択画面イメージ
Windows Live Mail(アドレス帳)

Liveメールではメールデータとアドレス帳は別々に管理されており、アドレス帳もバックアップする必要があります。

1. 画面左下の「アドレス帳」をクリックする。

アドレス帳画面イメージ

2. 「エクスポート」を選択し、「カンマ区切り(.csv)」をクリックする。

エクスポート画面イメージ

3. 保存先を選択して保存すればバックアップ完了です。

インポートも同じ手順で行います。

1. 画面左下の「アドレス帳」をクリックする。

2.「インポート」を選択し、「カンマ区切り(.csv)」をクリックする。

インポート画面イメージ

3. 保存してあるcsvファイルを選択するばインポート完了です。

Outlook(バックアップ)

Outlookのデータはメール本文も、アドレス帳も1つの「.pst」ファイルにまとめられています。
そのため、バックアップをする際にはこのファイルをコピーするだけで済みます。

データの保存場所は \Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Microsoft\Outlook となっています。
WindowsXPの場合は、 \Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook にデータがあります。

Outlook(データ戻し)

Outlookのメールデータを戻す一番簡単な方法は、バックアップしておいたpstファイルを「開く」方法です。

ファイルメニューの中の「開く」→「Outlookデータファイル」をクリックして、バックアップしておいたpstファイルを選択するだけでデータを取り込むことができます。

Outlookデータファイルを開く画面イメージ

もう一つの方法として「インポート」があります。
こちらの場合、すでにデータの入っているOutlookでバックアップデータも同じpstファイルにまとめる際に使用します。また、Outlook以外のメールソフトからデータを取り込む際もこちらを利用します。

1. ファイルメニューの中の「インポートとエクスポート」をクリックします。

インポートとエクスポート画面イメージ

2. 「他のプログラムまたはファイルからのインポート」を選択し、次へをクリックします。

他のプログラムまたはファイルからのインポート画面イメージ

3. 「個人用フォルダ ファイル(.pst)」を選択して、次へをクリックします。

個人用フォルダファイル(.pst)画面イメージ

4. 「参照」をクリックして、バックアップしておいたファイルを選択後、「重複した場合、インポートするアイテムと置き換える」を選択して、次へをクリックします。

重複した場合、インポートするアイテムと置き換える画面イメージ

5. 「完了」をクリックするとインポートが完了します。

インポート完了画面イメージ
  • 法人・個人のお客さま 共通フリーダイヤル0120-110-419 年中無休 土日祝日も朝8時〜夜24時まで営業(通話・相談無料)
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、プライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、ISO27001認証企業
  • SSL GlobalSign Site Seal