ニュースリリース

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ > ニュースリリース > 過去(2006年以前)のニュースリリース

2006年以前のニュースリリース一覧

2006年以前

2006/10 セキュリティ向上の為、セキュリティカードによるロックだけでなく静脈認証による入退室管理を開始しました。
2006/08 データ復旧設備の増強・ツールの改善により、処理能力・復旧スピードが更に向上した為、スーパーエクスプレスサービスで最短6時間以内に初期調査結果をご報告できるようになりました。
2006/03 依頼件数の増加、ツールの改善により作業効率が向上した為、MO・CD・DVD・各種メモリーカードのデータ復旧費用を値下げしました。
2006/01 媒体到着後、24時間以内に初期調査結果をご報告するエクスプレスサービスを開始しました。
2005/11 業務拡大に伴い、11/3に本社を移転いたしました。
2005/09 当社ITソリューション本部の製品である画像ファイリングシステム「G-BOX」がTEAC製レコーダーと連動可能になりました。
2005/08 宮城県沖地震によるデータ被害を受けられた媒体で、重度(物理)障害の場合は、通常価格の半額にてデータ復旧を提供させて頂きます。※9/9まで
2005/07 ファイル修復サービス(Access/Excel/Word/PowerPoint/SQLServer/Outlook等に対応)を正式にメニュー化致しました。
2005/06 LAN接続型外付けHDD(シングルドライブ)の重度(物理)障害におけるデータ復旧費用を通常価格の3割引にて提供させて頂きます。 ※8/末まで
2005/04 プライバシーポリシー(個人情報保護方針)を掲載しました。
2005/03 3/20に発生した福岡県西方沖地震災害によるデータ被害を受けられた媒体で、重度(物理)障害の場合は、通常価格の半額にて、データ復旧を提供させて頂きます。 ※4/8まで
2005/01 ハードディスクの物理障害の価格改定を行いました。復旧率/スピードはこれまでと変わらずに、更に低価格でデータ復旧サービスを提供させて頂きます。
画像ファイリングシステム「G-BOX」が、フクダ電子製「心電図ビュアーFEV-40」と連動可能になりました。
2004/08 画像ファイリングシステム「G-BOX」が「X線フィルムデジタイザー」(日立コンピュータ機器(株)社/(株)日立メディコ社)とのダイレクトな連動が可能になりました。
2004/03 日経ヘルスケア21 3/号で、福岡市東区医師会と共同開発した画像ファイリングシステム「G-BOX」の導入事例が紹介されました。
2003/10 経済産業省から新規事業創出促進法の認定を受けました。
2003/08 読売新聞の「経済ふくおか」で当社が紹介されました。
2003/05 福岡県から中小企業経営革新支援法の認定を受けました。
2003/02 資本金を15,000千円に増資しました。
2003/01 「経営革新フォーラム2003」でプレゼンテーションを行いました。
2002/11 週刊ダイヤモンド11/30号で当社が紹介されました
日本経済新聞で当社サービスが紹介されました。
2002/10 福岡国際センターで行われる「eビジネス2002」に出展し、セミナーを行いました。
2002/09 資本金を10,000千円に増資し、株式会社アラジンへ組織変更しました
NECカスタマックス株式会社(現NECパーソナルプロダクツ株式会社)と業務提携を締結しました。
2002/07 NHKおはよう日本で当社サービスが全国に紹介されました。
資本金を6,500千円に増資しました。
2002/05 資本金3,000千円にて有限会社アラジン設立。
2002/04 創業

このページの先頭へ戻る

  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、プライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、ISO27001認証企業
  • SSL GlobalSign Site Seal