ニュースリリース

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ > ニュースリリース > 2022年 > 2022年5月9日

プレスリリース 2022年5月9日

近畿大学 教授 古南博様

データ復旧で累計受付件数 15万件以上(※2005年5月〜)を誇るデータレスキューセンターは、近畿大学 教授 古南博様より、正常に認識出来ず、フォーマットエラーが表示されるSDカードのデータ復元作業をご依頼いただきました。
市販の復旧ソフトでは対応できない障害状況でしたが、データレスキューセンターでデータ復旧可能となりました。

近畿大学 教授 古南博様によるお客様の声(一部抜粋)

「今回もいつも通り撮影した後、SDカードをカードリーダーに差し込み、パソコンに取り込もうとしたところ、突然認識しなくなりました。SDカードを抜き差ししてみたり、デジタルカメラに戻したりしてみましたが、「フォーマットしてください」というメッセージが出るだけで、データを認識できない状況となりました。

インターネットの口コミなどを参考にして復旧ソフトをいくつか試そうとしました。しかし、SDカード自体の読み込みができず、ソフトを試す以前の問題でした。

データ復旧業者をインターネットで調べてみると、データレスキューセンターさんを含め、様々な業者がヒットし、どこに依頼すればよいのか見当がつきませんでした。中には高額な費用を請求する業者もあるという噂も聞いていましたので、大変不安になり、一旦、復旧を諦めかけました。

信頼できる業者を調べていくうちに日本データ復旧協会があることを知りました。データ復旧業界の健全化を目指すということで、ここの常任理事であるデータレスキューセンターさんなら安心できるだろうと思い、今回はデータレスキューセンターさんに依頼することにしました。

いただいた復旧可能なデータリストも確認し、一番古い撮影データが復旧できていそうだったので、全体的にかなりの復旧が見込めると判断し、すぐに依頼をさせていただきました。データレスキューセンターさんは詳細なデータリストを準備してくださるので、依頼するか、重要なデータが復旧できないのであきらめるか、の判断がし易いと思います。

今回の依頼は土日を挟んでいましたが、データレスキューセンターさんは土日祝日も営業されているため、短期間で修復データを返送していただくことができました。中には、「土日はお休み」や「〇営業日(土日は除く)」などの会社様もあると思います。例えば「3営業日(土日を除く)」だと、結局は5日ぐらいかかりますよね。そう考えると土日も含めて対応いただけたので「早いな」とプラスの印象を持ちました。今回、データレスキューセンターさんのご対応の中にマイナスの印象は全くありません。期待通りの修復ができたので、本当によかったです。自分のトラブルだけでなく、知り合いの方からデータ復旧の相談を受けることがあれば、データレスキューセンターさんをご紹介させていただきたいと思います。ありがとうございました。」

詳細はこちら

本件に関するお問合せ先

データレスキューセンター
中村 有里
TEL:092-720-6633

  • 電話でのご相談 フリーダイヤル(通話無料)0120-110-419 年中無休 朝9時〜夜18時
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • データ復旧コラム お役立ち情報をスタッフがお届け
  • 株式会社アラジン データレスキューセンター(福岡本社)はプライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンター(福岡本社)はISO27001認証企業
  • SSL GlobalSign Site Seal