OSの対応状況|データ復旧ならデータレスキューセンター

メディア解説

データ復旧:トップデータ復旧:トップ > メディア解説 > OSの対応状況

ファイルシステムについて

OSの対応状況

ファイルシステムはOSの基本機能の一つですが、すべてのファイルシステムに対応しているわけではないので、OSごとに対応できるファイルシステムに制限があります。

Windows XP Windows Vista Windows 7〜8.1 Mac OS 7〜9 Mac OS X Linux
FAT32
exFAT ※1 × ×
NTFS × × ×
HFS × × ×
HFS+ × × ×
ext × × × × ×
XFS × × × × ×
Joliet ×
Apple ISO 9660
Extensions
× × ×
UDF ※2

※1:Windows XPの更新プログラムが必要です。
※2:さまざまなバージョンがあり、OSによって対応範囲が異なります。

この表で×になっている個所でも、追加のソフトウェアを導入や特殊な設定を行うことでデータの読み書きが可能になるものもあります。また、OSのバージョンによっては対応できる範囲に制限がある場合があります。

ファイルシステムが対応していれば必ずそのOSで読み込みができるというわけではなく、製品自体が対応していない場合もあります。例えばFAT32でフォーマットされている外付けHDDで、古いMac OSに対応していない製品などがあります。

使用可能なファイル名の文字数や、1ファイルあたりの容量なども、ファイルシステムによって異なります。

登場年 ファイル名の長さ上限 1ファイルあたりの最大容量 最大パーティションサイズ
FAT32 1996年 255文字 4GB 2TB
exFAT 2006年 255文字 16EB 64ZB
NTFS 1993年 255文字 16EB 16EB
HFS 1985年 31バイト 2GB 2TB
HFS+ 1998年 255文字 8EB 8EB
ext2 1993年 255バイト 2TB 32TB
ext3 1999年 255バイト 2TB 32TB
ext4 2006年 256バイト 16TB 1EB
XFS 1994年 255バイト 8EB 8EB

※EBはエクサバイト=1,000PB=1,000,000TB
※ZBはゼタバイト=1,000EB

こちらの表はあくまでファイルシステムの仕様上の理論値です。設定の違いやOS上の制限もあるため、実際の使用環境とは異なります。

  • 法人・個人のお客さま 共通フリーダイヤル0120-110-419 年中無休 土日祝日も朝8時〜夜24時まで営業(通話・相談無料)
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、プライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、ISO27001認証企業
  • SSL GlobalSign Site Seal