BitLockerとは|データ復旧と暗号化

BitLockerとは|データ復旧と暗号化

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ> データ復旧と暗号化> BitLockerとは

BitLockerとは

BitLockerとは|データ復旧と暗号化

BitLockerは内蔵のSSDやHDD全体を暗号化しますが、OSにて管理・制御されているので、普段は暗号化を意識して使うことはありません。しかしご利用のパソコンが起動できなくなったりした際に、例えば他のパソコンにSSDやHDDを接続してデータの読み出しを行おうとしても、暗号化されているためそのままではデータの読み出しができません。

これでは、BitLockerを設定したパソコンが壊れてしまうとデータが取り出しできなくなるため、そのようなケースに備えて暗号化を外部から強制的に解除するための回復キーが設定されています。

BitLocker回復キー

BitLocker回復キーは、暗号化を設定した際に同時に発行されます。48桁のランダムの数字で構成されたパスワードのためその場で覚えられるものではなく、以下の方法で回復キーのバックアップが推奨されています。

  • マイクロソフトアカウントに保存する。
  • ファイルに保存する。
  • 回復キーを印刷する。
BitLocker回復キーのバックアップ方法指定の画面

※もしご職場等で最初からBitlockerが設定された状態となっている場合は、パソコンをセットアップされたシステムの担当部署や管理者様等にて保存されている場合もありますのでご確認ください。

また、OSの不具合やサインインの一定回数の失敗などにより、「使用できる状態に戻すには回復キーを入力してください」の画面が表示されることがあります。
この状態になると、回復キーがなければ一切データの取り出しはできないので、回復キーは確実に保存するようにしてください。

マイクロソフトアカウントからの回復キーの取得方法

パソコンの初期セットアップ時に意識せずにBitLockerを設定されており、回復キーが不明、わからないという場合、マイクロソフトアカウントから回復キーを取得することも可能です。

マイクロソフトアカウントとは

マイクロソフトの製品(WindowsやOffice)やサービス(OneDriveなど)を利用するために設定されているメールアドレスとパスワードになります。
iPhoneやMacでのApple ID、AndroidでのGoogleアカウントと同じようなものになります。

Windows10でのBitLocker回復キーの検索

上記「Microsoftサポートページへ」から表示されるページ内で青字の「Microsoft アカウント」の部分をクリックすると、
サインインの画面が、表示されます。

Microsoftサポートページへの画面のキャプチャ

入力欄にマイクロソフトアカウントのメールアドレスを入力し「次へ」をクリックします。

マイクロソフトアカウントログイン画面のキャプチャ

パスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

マイクロソフトアカウントパスワード入力画面のキャプチャ

「ご本人確認のお願い」の画面が表示され、セキュリティコードの発行となります。マイクロソフトアカウントのメールアドレス宛に「セキュリティコード」が発行されます。

マイクロソフトアカウントセキュリティーコード発行画面のキャプチャ

アドレスに送られてくる「セキュリティコード」を入力し、次へすすみます。

マイクロソフトアカウントセキュリティコード入力画面のキャプチャ

スマホなどでの認証アプリの設定を聞かれる場合がありますが、「キャンセル」で構いません。

「BitLocker 回復キー」のページが表示されます。複数のパソコンなどにBitlockerを設定している場合は、回復キーも複数表示されます。回復キーを取得したいパソコンの「PC名」や「キーID」に該当する回復キー(48桁の数字)を控えてください。

BitLocker 回復キーが表示される様子
  • データ復旧のウソ?ホント?
  • 18周年記念キャンペーン
  • 電話でのご相談 フリーダイヤル(通話無料)0120-110-419 年中無休 平日・祝日は朝8時〜夜21時、土曜・日曜は朝9時〜夜19時
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • データ復旧コラム お役立ち情報をスタッフがお届け
  • 株式会社アラジン データレスキューセンター(福岡本社)はプライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンター(福岡本社)はISO27001認証企業
  • SSL GlobalSign Site Seal