SDカードのデータ復元(SanDisk製32GB)をご依頼いただいた写真家 高橋優也様
データレスキューセンター評価・評判

お客さまの声

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ > お客さまの声 > 写真家 高橋優也様

写真家 高橋優也様

写真家 高橋優也様

写真家 高橋優也様から、誤って初期化したSDカードのデータ復元をご依頼いただきました。同じメーカー、容量のカードが3枚あり全て空の状態でしたが、目的の撮影データ702ファイル(約4.61GB)の復旧に成功しました。

【高橋優也様プロフィール】たかはしゆうや/1993年生まれ。 ファッション業界を中心に多様な活動を展開し、これまでに多くの一流俳優や人気モデルを撮影。アーティストとのコラボ写真展も精力的に開催し、従来のフォトグラファーの枠を超えた動きが注目を集める。

●ホームページ写真家 高橋 優也
●Instagramyuyatakahashi.monster
●ツイッター@YUYA_STER

障害発生から依頼されるまでの経緯をお教えください。

仕事で撮影したデータをいつものようにパソコンにバックアップしたつもりで、SDカードからデータを削除しました。次の日、パソコンでデータを確認すると正常にバックアップが取れておらず、全てのデータがないことに気が付きました。
手元のカードを確認しましたが、同じSanDisk製の32GBのカードが3枚あり、どのSDカードも全て空の状態。タイミング悪く、カードを新品の物に切り替えたばかりでカードに番号等も振っていませんでしたので、見かけではどのSDカードで撮影をしていたか全く判断がつかず、データを取り戻すためにデータ復旧業者に依頼しようと思いました。

今回、データレスキューセンターをお選びいただいた理由は何でしょうか?

実は、データレスキューセンターさんにお願いする前に、最寄りの東京のあるデータ復旧会社に持ち込みました。ホームページで料金を確認した上で電話相談をし、持ち込んだのですが、こちらから電話連絡をしてもコールで待たされることもしばしば。調査を依頼して数日経っても連絡がなかったので、こちらから状況の確認で電話をすると見積もりとして3枚復旧で約50万円という金額を口頭で伝えられました。
正直、ホームページや事前に確認していた金額とかけ離れていましたし、電話の対応の印象も良くなかったのですぐにキャンセルをしてSDカードを引き上げ、再度ネットでデータ復旧業者を検索しました。
その時、夜の8時を超えていましたので、すぐに専門業者に連絡が付くか不安でしたが、データレスキューセンターさんのホームページを確認すると「年中無休」「夜24時まで通話相談可能」と目に入りましたので、すぐに電話で問い合わせをしてみました。
状況を説明すると対応できる可能性があること、3枚同時調査は可能だが複数枚同時調査になる為、調査費用が発生する事、合わせて想定される復旧費用についても説明を受けました。他社での費用と比べても非常に良心的な価格だと感じましたし、何より電話対応の印象がとても良かったので、すぐにお願いする事に決めてカードを送付しました。
※内容はインタビュー当時のものです。

ご報告までの対応についてはいかがでしたでしょうか?

今回、電話対応をこまめに行っていただいたのですが、「夜24時まで通話相談可能」「土日も営業」とうたわれている通り、どのタイミングで電話をかけてもすぐに対応していただけるのは非常にありがたかったです。レスポンスの速さだけでなく、電話の対応もすごく丁寧で、その都度現在の状況等をわかりやすく説明して頂けましたので、心配は勿論ありましたがそれ以上に安心と信頼を持ってお願いできました。

結果報告に関してはいかがでしたでしょうか?

預けた3枚のうち、1枚から希望と思われるデータが出ていると説明を貰い、本当にほっとしました。最初に依頼した他社は「どのカードからもデータは出てきている」と言われるだけで、肝心な復旧希望のデータが出ているかなどの報告はなく、金額を口頭で説明されるだけでした。
その点、データレスキューセンターさんはまず、データの復旧状況を丁寧に詳しく説明してくださいました。事前に撮影したカメラのメーカー、型番をお伝えしていたのですが、「希望日の同じぐらいの時間帯のデータがSDカード2枚から出てきていますが、こちらのカードのデータはカメラの情報が違うので希望データでは無いと思われます。念のため復旧可能なデータリストもご確認ください。」といった説明を受けて「これがプロの仕事だな」と感じました。
また、メールで送ってもらった復旧可能なデータリストに撮影時間の表示があり、自分のほしかったデータだと確認した上で指示が出せたのは非常にありがたかったです。

費用面はいかがでしたでしょうか?

事前に電話問い合わせをした際に費用面について説明をしていただいたのですが、お伺いしていた金額と遜色無く、SDカード3枚分の調査費用とSDカード1枚からのデータ復旧費用を合わせて合計4万円程度でした。他社の金額は50万でしたので想定外過ぎましたが、仮にギャランティから足が出たとしてデータを取り戻せるならある程度の費用は出したいと思っていました。業者によって金額設定は様々あると思いますが、ここまでの対応をして頂いてこの金額で復旧出来るのは、僕にとっては非常に良心的な価格だと思いましたし、正直安いと感じました。

復旧に要する時間に関してはいかがでしたでしょうか?

実際に利用して感じたのは、一刻を争う事態の時に最短6時間で調査報告をしてもらえるエクスプレスコースという選択肢があることもデータレスキューセンターさんの大きな魅力だということです。今回、納期自体には少し余裕があったのでエクスプレスコースではなく、通常コースを利用しましたが、結果報告を受けてすぐに復旧指示を出し、その翌日に発送、その次の日には手元に到着したのでデータレスキューセンターさんのスピード感を感じました。緊急時でも僕が感じたデータレスキューセンターさんの親切丁寧で信頼できる対応であれば、送付時間を含めた3日であれば僕は待つ価値があると思いますし、遠方でも利用する価値が十分あると思います。

データをお受け取りになられていかがでしたか?

今回お願いしたデータはクライアントから依頼を受けて撮影をしたスナップでした。復旧データの入ったUSBメモリを受け取ってすぐにPCで確認しましたが、報告時にいただいた復旧可能なデータリスト通りにデータが復旧されていて、希望していたデータについても全て元通り復旧できていました。
データを紛失することは僕の信頼を損ねるだけでなく、クライアントとの関係にも影響します。 仕事はカメラマンとクライアントだけで無く、ヘアメイク、スタイリストなど、様々な人が関わり成り立っています。 再撮影となると、そういった方々にも迷惑をかけることになりますので、全て復旧していただき、とにかく感謝の一言に尽きます。

高橋様はプロの写真家としてファッション系雑誌、広告など幅広いジャンルで活動されています。ご使用されているカメラも複数台あると存じますが、撮影に関する機材の使い分け、使用しているSDカードの選択等にこだわりはございますか?

使用しているカメラは様々ありますが、その時のロケーションや撮影したいカメラのモードがあるか、RAWで撮るか、JPEGで撮るかなどで機材の使い分けをしています。
僕はSONYにスポンサーについていただいているのですが、SONYのカメラで撮影する際にSONYのSDカードを使用すると書き込み速度含め、その他のカードの時とは違うMAXのパフォーマンスの良さを感じられます。
また、SDカードに関してはカメラのメーカーこだわらず、連写撮影時のカードの書き込み速度を重要視してSanDisk製品を使用しています。仕事柄使用頻度も高く、パフォーマンスが低下してくる3年くらいでカードは買い換えています。
容量の使い分けに関しては、仕事の内容にはよりますが、JPEG撮影で使用する際は32GBを使用する事が多いです。理由としては、今回のような不測な事態が起きた時のダメージを減らすこと、そして個人的な話ですが、カード容量が大きいと心に余裕が出来すぎ、つい癖でシャッターを押し過ぎてしまうのであえて容量を控えています。

撮影データは膨大な量になると思いますが、撮影現場でのリアルタイムのデータの管理方法、また、クライアント様へのデータの受け渡し方法をお教えください。

デジタルデータはその場ですぐにデータ内容の確認が出来、周りとデータの共有が出来ることが魅力です。スタジオ撮影の際はカメラとパソコンが繋がれていて、撮影したデータはパソコンにリアルタイムで保管されるため、撮影をしながら内容をその場で確認、その場でクライアントにお渡しすることが多いです。
野外等での撮影の際は様々です。その場でエアドロップを使用することもあれば、撮影に使用したSDカードをクライアントにお渡しして、後日返送頂くこともあります。勿論、僕がカードを持ち帰り、データをバックアップした後に大容量ファイル転送サービスGigaFile(ギガファイル)便を利用して送信することもあります。その際、全データお渡しをする以外に、クライアントに許可を頂いて僕がデータを確認、使って欲しくないデータを除いてお渡しすることもあります。

撮影された写真は全て取り直しの利かないデータばかりだと思いますが、普段のデータの管理方法、これまで撮影されてきた写真の保管方法等をお教えください。

僕はデータの管理は全て自分で行っていて、今は約30TBのRAID構成2台と、数TBの外付HDDを約20台、そして自宅のデスクトップPCを活用してデータの管理をしています。
古いデータに関しても実家に外付HDDを10台ほど保管しています。外付HDDは常に持ち運びに使用していて、仕事内容のラベルを貼って活用しています。僕の場合、何もしなければ1年を通して10~15TBのデータが手元に増えていきますので、とてもじゃないですが、全てのデータを残すことは難しいです。データの選別はいつも悩みますが、減らさない事には管理しきれないので、仕事の内容は勿論、自分の思い入れ、愛着も含めてデータの選別をしています。

撮影に関して、技術だけでなくコミュニケーション等で気をつけていることはありますか?

僕は欲しい表情を出してもらうために声掛けをする事はせず、基本的にはその場にあった雰囲気で言葉を交わします。スタジオ撮影の際はスタッフも多く、現場もどことなく張り詰め、緊迫感があります。そのため、タレントさんやモデルさんとコミュニケーションを取りながらの撮影も、会話よりも「良いですね!素敵です!」などの声掛けが多い印象です。
その点、ロケの時は開放感もあり、自然と「最近あの映画見た?」など会話が多くなる印象があります。また、ロケは天気によって撮影内容が急に変わることも勿論ですが、スタジオ撮影に関しても当日急に別の場所で撮影をすることになるなど、それまで準備してきたプランやテーマを全て捨てなければいけない時があります。
フォトグラファーとしての単純な技術だけでなく、そういった時に周りのスタッフ、タレントさんやモデルさんと、どうコミュニケーションをとってより良い撮影を行うのか、臨機応変に対応する力が必要だと僕は感じています。

最後にデータレスキューセンターに対するご感想をお聞かせください。

とにかく感謝の言葉しかありません。今回利用して感じたのは、データレスキューセンターさんは、ホームページの説明も、メールも丁寧で分かりやすいですが、なんといっても「電話の対応力」が素晴らしいということです。夜中に電話してもすぐに電話を取っていただけるレスポンスの速さだけでなく、電話対応の内容も親切丁寧で、電話をする度に不安な気持ちが落ち着くのを感じました。
焦っているとこちらも口調も強くなってしまったりすることがあると思いますが、データレスキューセンターさんはどの方に対応して頂いてもゆっくりと非常に丁寧に、落ち着いた優しさのある気持ちの良い対応をして頂き、非常に好感が持てました。説明も一つ一つが丁寧でわかりやすく、不安な気持ちに寄り添った対応をする姿勢がとても嬉しかったです。
データの流失等も心配な世の中ですが、データレスキューセンターさんは情報保護に関してもISOやプライバシーマーク等を取得されていて、そういった面でも信頼の出来る会社です。データの管理には普段から気をつけていたつもりでしたが、今回の件を通し改めて自分の作業手順等を見直そうと思い、SDカードもすぐに裏面に番号を振り分けました。
何事もないことが一番ですが、ヒューマンエラー以外のトラブルが発生する可能性もあります。また有事の際はデータレスキューセンターさんにお願いしたいと思いますし、誰かから相談を受けた際もデータレスキューセンターさんを紹介したいです。本当にありがとうございました。

※お忙しい中、快くインタビューに応じていただいた高橋優也様に心よりお礼申し上げます。

  • 電話でのご相談 フリーダイヤル(通話無料)0120-110-419 年中無休 平日・祝日は朝8時〜夜24時、土曜・日曜は朝9時〜夜19時
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • データ復旧コラム お役立ち情報をスタッフがお届け
  • 株式会社アラジン データレスキューセンター(福岡本社)はプライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンター(福岡本社)はISO27001認証企業
  • SSL GlobalSign Site Seal